リリースノート

CHANGE

下位互換のない変更

UPDATE

下位互換がある変更

ADD

下位互換がある追加

FIX

バグ修正

2023.1.0

リリース日:

2023-06-21

  • [UPDATE] Sora 2023.1.0 で入った転送フィルター機能を接続オプションで指定できるようにしました

    • ConnectionOptions 型に forwardingFilter フィールドを追加しました

  • [UPDATE] Sora 2023.1.0 で入った SDP 再利用機能に対応しました

  • [UPDATE] オファー SDP のメディアポートに 0 を指定することで古いトランシーバーを解放できるようにしました

    • Firefox は 0 ポートを指定するとエラーになるため、 SDK 側で従来の 9 に置換しています

  • [ADD] 最新版の Safari / Mobile Safari で Lyra コーデックを使用可能にしました

  • [ADD] 接続オプションとしてビデオコーデック用パラメータの送信を追加しました

    • ConnectionOptions 型に videoVP9Params videoH264Params videoAV1Params フィールドを追加しました

2022.3.3

2022.3.2 からバージョン情報以外の変更点はありません

  • [FIX] npm 最新バージョンへのリリースミスを修正しました。

2022.3.2

リリース日:

2023-02-10

  • [FIX] ミュート状態で接続すると、replace(Video|Audio)Track した場合に画像・音声データが送信されない問題を修正しました

2022.3.1

リリース日:

2022-12-21

  • [FIX] E2EE が有効かどうかの判定を undefined ではなく null で行うよう修正しました

2022.3.0

リリース日:

2022-12-20

  • [UPDATE] E2EE 有効時に Lyra コーデックを使用できるようにしました

2022.2.0

リリース日:

2022-12-13

  • [CHANGE] ts-jest を @swc/jest に変更しました

  • [CHANGE] サンプルの sora-e2ee-wasm のダウンロード先を変更しました

  • [CHANGE] sora.min.js を削除しました

  • [ADD] audioCodecType に "LYRA" を追加しました

    • 注意: 現時点では Lyra コーデックと E2EE の併用はできず、両方が指定された場合には E2EE が優先されます

  • [ADD] Sora.initLyra() 関数を追加しました

    • Lyra でエンコードされた音声を送信ないし受信する場合には、事前にこの関数を呼び出しておく必要があります

    • wasm やモデルファイルのダウンロードは実際に必要になったタイミングで遅延して行われます

  • [ADD] ConnectOptions に audioLyraParamsUsedtx を追加しました

  • [ADD] ConnectOptions に audioLyraParamsBitrate を追加しました

  • [ADD] audio_streaming_language_code を追加しました

  • [FIX] 廃止になった opus_params の clock_rate を削除しました

2022.1.0

リリース日:

2022-6-19

  • [CHANGE] 切断処理時に MediaStream の停止処理をしないように変更しました

  • [CHANGE] ConnectionOptions からシグナリング type: connect メッセージを生成する仕組みを変更しました

    • multistream オプションが false の場合、シグナリングメッセージに multistream: false を含めるよう変更しました

    • multistream フラグの値に関係なく spotlight オプションをシグナリングメッセージに含めるよう変更しました

    • spotlight フラグの値に関係なく spotlightFocusRid オプションをシグナリングメッセージに含めるよう変更しました

    • spotlight フラグの値に関係なく spotlightUnfocusRid オプションをシグナリングメッセージに含めるよう変更しました

    • spotlight フラグの値に関係なく spotlightNumber オプションをシグナリングメッセージに含めるよう変更しました

    • simulcast フラグの値に関係なく spotlightNumber オプションをシグナリングメッセージに含めるよう変更しました

  • [ADD] sendrecv オブジェクトのオプションに bundle_id を追加しました

  • [UPDATE] sendrecv API を使用して接続する場合に multistream option の初期値が true になるよう修正しました

  • [UPDATE] sendrecv API を使用して multistream: false で接続した場合、Sora との接続前に例外が発生するように修正しました

  • [CHANGE] connectedSignalingUrl は現在接続中の WebSocket の URL ではなく type offer メッセージを受信した URL を返すようにしました

    • ignoreDisconnectWebSocket を使用して WebSocket を切断した場合にも URL を返すように修正しました

  • [UPDATE] SendRecv オブジェクト に contactSignalingUrl プロパティを追加しました

古いリリースノート はこちら

© Copyright 2023, Shiguredo Inc. Created using Sphinx 7.2.6